高齢化社会と在宅医療~薬剤師による新しいケア

新しい在宅医療として、薬剤師による在宅医療をご紹介します。

薬剤師と在宅医療の未来

薬剤師に求められる在宅医療の形とは
当サイトでは、薬剤師による新しい在宅医療の形、「在宅服薬指導」をご紹介しています。

高齢者のいる家族にとって、介護は切実な問題です。

大切な家族を守るためにも、介護する側の負担を軽くするためにも、適切な医療・介護サービスの利用は不可欠。

介護全般に関わる情報も扱っていますので、是非とも参考になさって下さい。

服薬指導を行っている薬局はこちら

高齢化に伴う医療の変化

薬剤師に求められる在宅医療の形とは
高齢化社会と言われる日本では、高齢者人口が増え続けています。
このため、間もなく「病院だけでは高齢者を受け入れきれなくなるのではないか」という危惧が出てきているんです。

こうなると、緊急性のある病気でない限りは入院することが出来なくなりますから、自然と在宅介護の必要が高まってくるんですね。

もちろん定期的な通院は行うでしょうが、それだけでは充分なケアを行えないでしょう。
診察と、何か他の在宅介護サービスとの並行が前提となるはずです。

薬剤師の在宅介護参加

薬剤師に求められる在宅医療の形とは
通院以外に在宅で医療・介護を受ける方法は既にいくつか確立しています。

在宅で診察を受ける往診・看護師による訪問看護・理学療法士や作業療法士による訪問リハビリテーションなどです。

ここに「薬剤師による在宅ケアを加えてはどうか」という視点で開始されたのが在宅服薬指導

薬の服用管理を行ってくれるというメリットだけでなく、より頻繁に医療従事者の目に触れる機会を得られるという意味でも、私はこのサービスに大きな意味があるように思います。

介護する家族へのケアも

薬剤師に求められる在宅医療の形とは
介護には多大な経済的・精神的負担が伴うのも、また事実です。

家族を愛するからこそ、真剣に介護に向き合い、その真摯さがあまって過労に陥ってしまうといったケースも多く耳にします。

当サイトでは介護する家族の負担を軽くするために「費用が安価で、それでいて一定の効果を生む新しい介護サービス」である在宅服薬指導をオススメしています。

薬剤師による在宅ケアを行っている薬局はこちら

これからの在宅医療を考える…

高齢化の進む日本社会で、高齢者医療の需要はどんどん高まっています。

大切な家族に、より良い人生を送ってもらうため、これからの在宅医療について私たち1人1人が強く関わり、考えていく必要があるのではないでしょうか。そのために当サイトが役に立ったなら、これに勝る喜びはありません。

 
高齢化社会と在宅医療~薬剤師による新しいケア